カブシキガイシャ ローザトクシュケショウリョウ

株式会社ローザ特殊化粧料

環境関連
  • TEL 042-546-0600 / FAX 042-546-0611
  • 〒196-0015 昭島市昭和町3-10-14
お肌と心が深呼吸!世界をつなぐエコ化粧品
代表者氏名
カドヤ マサオ
角屋 正雄
代表者役職名 代表取締役
窓口担当者氏名 角屋 由華 担当者役職名 専務取締役
電話番号 042-546-0600 FAX番号 042-546-0611
E-Mail
ホームページ http://rosa-sp-cosme.jimdo.com/
資本金 24百万円 売上高(年商) 120百万円
定休日 土・日・祝 従業員 10人
創業(西暦) 1958年 代表者出身地 東京都
その他の規格認証取得 化粧品・医薬部外品製造販売業許可
(株)ローザ特殊化粧料
事業内容
1.化粧品に係る新製品の研究開発と製造、卸、販売 2.医薬品部外品に係る新製品の研究開発と製造、卸、販売
保有技術・能力・知的所有権等
1.基礎化粧品における特許 2.各種登録商標
3.石鹸意匠 4.メルト充填
5.自社にてエキス抽出
取扱材料
各種化粧品原料、容器、包装資材等
1.ヒアルロン酸 2.コラーゲン 3.純金 4.オリーブ油 5.スクワラン
6.ホホバ種子油 7.ガラス瓶 8.プラスチックボトル 9.各種シール 10.化粧箱、段ボール
主要製品
1.ペアローザシリーズ 2.ソワンローザシリーズ 3.アイベールシリーズ 4.Futakiシリーズ 5.各種フルーツ化粧品
6.各種ベジタブル化粧品 7.各種フレグランスソープ 8.各種コールドプロセスソープ 9.各種ヘアケア商品 10.各種ボディケア商品
主要取引先
1.(株)プラティ 2.ホシケミカルズ(株)
3.(株)クリート 4.(株)スーパーモード
5.日本ケミファ(株) 6.(株)日本スウェーデン福祉研究所
その他の情報
助成金・補助金の交付を受けた実績
平成28年度 中小企業職業訓練助成事業
平成28年度 女性の活躍推進人材育成事業
平成28年度 ポジティブ・オフ宣言
平成27年度 東京都地域中小企業応援ファンドにおける動画による販路開拓支援事業
平成26年度 羽村市役所 産業活性課 はむりん使用許可認可
平成26年度 多摩地域魅力発見隊動画
平成26年度 展示会出展支援助成事業
平成25年度 小規模事業者持続化補助金
平成25年度 小規模事業者活性化補助金
平成24年度 東京都地域資源活用イノベーション創出助成事業
平成21年度 東京都地域資源活用イノベーション創出助成事業

受注形態
OEM・PB
主要設備名 仕様 台数 メーカー名 備考
チューブ全自動充填機 1
レオミキサー 真空ポンプ付自動攪拌機 1
加熱冷却攪拌機蒸気回転釜  1
クリーム自動充填機 1
液体自動分注機 1
自社PR
弊社は、地域の花(Flower)、果実(Fruit)、野菜(Vegetable)、海藻(Seawood)、木(Tree)を自社抽出し化粧品に配合する事により(FFVST技術)、多摩地域活性化を目指しています。例えば、地域特産品より化粧品を製造することでその土地の歴史やストーリー性を付加。お土産化粧品として販売し、ワークショップを行う事でその土地に足を運びやすくなります。また化粧品の原点である水は東京名湧水57選の昭島の地下水を使用しております。以前より、檜原村の檜のチップを有効活用する為に、地元企業と法政大学社会学部諸上ゼミと協力関係にあります(産学連携)。自社抽出した「ヒノキ水」を配合したランバージャック aile シリーズは金箔入りのローションと保湿ジェルとオールインワンの3種類です。使用する際にほのかにヒノキの香りがします。檜原村の林業、東京チェンソーズモデルの薄荷やアロマで虫除け効果もあるスティックタイプのUVも開発しました。こちらもヒノキの香りがします。また東京都中小企業振興公社の「チャレンジ道場」にて開発した目元にさっと塗って、目がすっきりする男性用目元化粧品「男眼(DANGAN)」も展示しております。また、インターンシップも積極的に受け入れております(日本大学や工学院大学、東京高専、府中工業高校、多摩工業高校など)。
お客様へのメッセージ
市販のミネラルウォーターの2倍のミネラル分が含まれる昭島市の地下深層水「昭島清泉水」と、58年に渡る化粧品製造のノウハウにより、58年間スキンクレームゼロの実績があります。野菜や果物等の自然産物から独自技術(FFVST)で抽出した天然エキスは、日本化粧品工業連合会の原料基準に適合しています。特に檜を原材料とした自社製品は、一般的に市販されている製品に比べ、防腐剤の使用量を半減した肌トラブルがない安心安全な化粧品です。
弊社は、お客様の健康に配慮し、自然物から天然エキスを抽出する独自技術(FFVST)を確立するとともに、次世代環境を整備するため、「東京美林倶楽部」で植林活動を実施し、「美しい多摩川フォーラム」では水質・ごみ問題を改善するとともに、「昭島の水プロジェクト」の中心メンバーとして昭島市の水質保持に取り組んでいます。それらのエコ活動の集大成として、化粧品の原材料として使用している檜原村の「檜」の使用済み廃材を森林に戻す【檜原エコサイクル】を確立しました。また、地元の法政大学からインターン生を積極的に受け入れて若者の意見を取り入れるほか、女性の働きやすい職場としてテレワークや育児休暇等を導入し、時間や場所にとらわれない多様な働き方によって継続的に就労しやすい環境を整えることによって、若い感性や女性の美意識をものづくりに反映させています。そんな弊社の化粧品を是非お使いください。