カブシキガイシャ ウンノギケン

(株)海野技研

その他製造業
  • TEL 042-554-0211 / FAX 042-555-8229
  • 〒205-0023 東京都羽村市神明台4-1-4
スクリーン印刷とMEMS用マスクフィルム
代表者氏名
ウンノ テツオ
海野 鉄郎
代表者役職名 代表取締役
窓口担当者氏名 海野 鉄郎 担当者役職名 代表取締役
電話番号 042-554-0211 FAX番号 042-555-8229
E-Mail
ホームページ http://www.unnogiken.com
資本金 28百万円 売上高(年商) 110百万円
定休日 土日 従業員 10人
創業(西暦) 1981年 代表者出身地 東京都
(株)海野技研
事業内容
1.スクリーン製版製造 2.フォトマスクフイルム製造
3.スクリーン印刷 4.フイルムエンコーダ
5.MEMS用マスクフイルム 6.マイクロ流路形成用マスクフイルム
保有技術・能力・知的所有権等
1.製版用感光剤 2.各種用途向けスクリーン製版
3.各種用途向けフォトマスクフイルム
取扱材料
1.感光性樹脂 2.ジアゾ感光剤 3.テトロンスクリーン 4.ナイロンスクリーン 5.ステンレススクリーン
6.Vスクリーン 7.アルミ枠 8.PET製フイルム

主要製品
1.スクリーン製版 2.スクリーン製版用フイルム 3.MEMS用マスクフイルム 4.スクリーン印刷 5.マイクロ流路形成用マスクフイルム
6.フイルムエンコーダ



主要取引先
1.(株)富士フイルムメディアクレスト 2.(株)佐藤製作所
3.(株)アイメデックス 4.東京大学
5.東京工業大学 6.豊橋技科大学
受注形態
設計データ,グラフィックデータ,図面等をご支給いただき,フォトマスクフイルム,スクリーン製版の納入,印刷物,加工物の納入
主要設備名 仕様 台数 メーカー名 備考
スクリーン紗張り装置 6
スクリーン製版装置 2
マスクフイルム描画装置 3
シルク印刷機、PAD印刷機 2
CO2レーザ加工機 1
自社PR
スクリーン印刷用の製版は、ポリエステル/ナイロン/SUS等の糸で織られたスクリーン、主にアルミで作られた枠、画像パターンを形成する感光剤から構成されます。基板マーキング、メンブレンのAgパターンやカーボン印刷など、タッチパネル、CD/DVDレーベル印刷、板金への印刷、樹脂製品への印刷、Tシャツ印刷、航空機内装のプラカード印刷等様々な用途にご使用いただいております。
スクリーン製版の感光剤は(株)海野技研の独自技術です。一般的な溶剤系インキ用ジアゾ感光剤以外に、水性インキ+溶剤系インキの両方に対応した感光性樹脂もございます。
フォトマスクフイルムは、PETシート上の銀塩膜をレーザにより露光したフイルムで、フォトレジスト露光用や、スクリーン製版用に使用されています。基板のパターン/ソルダレジスト、各種電極、SUS板等のフォトエッチング部品製造に使用されています。
グラフィック用のフイルムは網点等の表現性が豊かな反面、装置とフイルム素材の特性上精度的には工業用フイルムには劣ります。工業用のフイルムはCADデータを高精度に描画できますがグラフィックの美しい階調や写真の表現が出来ませんでした。これらを融合し、写真等のグラフィック表現を工業用フイルムの精度で実現する独自技術を(株)海野技研は有しております。最高解像度は25,400dpiです。
データ作成からフイルム出力、スクリーン製版と印刷、これらの応用製品が弊社の得意分野です。
お客様へのメッセージ
スクリーン印刷はスクリーンを透過するインキなら何でも印刷できます。グラフィックはもちろん、機能を持った新しいインキが開発されるたびに最新技術の印刷が出来る印刷方法です。様々な業種のお客様とお付き合いさせていただき、多くの技術を蓄積してきました。これからも海野技研は進化していきます。